ママの声

2019/01/11思い出の肌着

子供が新生児の時に着せていた肌着

お気に入りの柄を見るたびに当時を思い出す

!cid_EA795D3E-5252-4CEB-8230-C4CE3BF38B80.jpg

初めての育児  

全てが手探りで  ちょっとした事にも慌ててた


でも不思議と泣いてる姿も愛おしくて

これが"我が子"なんだと感じた


すくすく成長してほしいと思いながら

あっという間に大きくなる我が子をみて

ゆっくり大きくなってほしいとも願ってしまう

親のわがままかな


目まぐるしい成長を記憶のフィルターに収めるのは難しくて忘れてしまいそう

でも思い出はちゃんと胸に刻まれていると懐かしい肌着を見るたびに感じる

 

もう着れないけど捨てられないのはきっと

思い出のアルバムのように

我が子への想いが肌着に詰まっているからかな

 

 

≪ 謝謝你!
ママの気持ち ≫